和田丸に援農に行ってきました!

  • 2015.07.03 Friday
  • 17:17
  

報告が遅くなってしまいましたが、6/20(土)の午前中、和田丸の田んぼの援農に行ってきました。当初、申込人数が少なくドキドキしていましたが、直前にどどどと増え大人14名、子供13名の30人近い人手が集まりました。早速、3班に分かれて、本郷さん、田井さん、矢鶴さんの田んぼの草引きのお手伝いです。


私は山あいにある本郷さんの合鴨の田んぼの班。
田んぼに近づくと、子ども達の声に驚いたのか、合鴨が一斉に逃げていきます。
その姿に子ども達「かわいい〜〜!!」早速田んぼの中に入ると、泥の感触にキャーキャー喜びますが、結局、幼い子ども達は思うように進めないので、田んぼの畦で虫採りに励んでいました。。
大人達は横にならび、一人2列ずつ担当しながら、主に“こなぎ”を抜いて、泥の中に埋め込んでいく作業をしました。約1時間ほどの作業でしたが、除草は本当に大変で改めて生産者の皆さんの苦労に頭が下がる思いでした。
その後、人参畑やトマトのハウスを見せてもらい、お土産に収穫体験も。
本郷さんの人参畑と南瓜畑。
※この時はまだ青かったのですが、立派に育ったトマトの出荷が始まりました!
収穫したばかりの人参をその場でかじる子ども達。帰りの車の中でもポリポリ。

大人が援農の間、子ども達の生き物調査&捕獲

和田丸の集荷場に戻り、職員阿部さんの手作りのミートスパゲッティーをいただきます。
労働のあとでお腹が空いていたので、かなりの量を皆でペロリ。
さすが!援農のあと、子どもも大人も美味しい美味しいと和田丸の有機野菜で作ったサラダ完食!

〜大好評だった!阿部職員のミートスパゲッティーのレシピ〜

材料
・ひき肉
・玉ねぎ
・人参
・月桂樹の葉(ローリエ)
・トマトジュース&ピューレ

1、肉を炒め、火が通ってきたらみじん切りにした玉ねぎを投入。
炒めながら、すりおろした人参を入れる。
2、ある程度火が通れば塩、胡椒をして月桂樹の葉(ローリエ)、トマトジュースとピューレを入れて煮詰めます。
3、味を見ながら塩こしょうで調整して、茹でたスパゲッティーにかけて出来上がり!

阿部職員が普段から家庭でも作っているミートスパゲッティー。
男性でも簡単に作れるレシピだと思いますので是非お試し下さい!!

 参加者からの声の中にも、生産者からも「もっと援農に出かけたい」「来て欲しい!」という嬉しい声がありました。どんな形になるかは検討中ですが、農畜産で援農企画をしていきたいと思っています。その時には小さい子どもがいるから、、邪魔になるのでは、、と諦めず、そして先輩組合員の方々も、小さな子どもの親子の見守りがてら、ご参加いただけるととても嬉しく思います。やっぱり参加人数が多いほうが盛り上がります!

共に出かけて、出会って、顔をみて声を聞いて支え合ってこそ!のゆうき生協です。
セット野菜に夏野菜が入りだし、台所で一人ニヤリ。
生産者の顔を思いだしながら感謝する食卓は、とても豊でありがたいと日々感じています。


農畜産委員会 大塚加奈子

『原子力発電所という機械』 小出 裕章氏講演会

  • 2014.04.27 Sunday
  • 10:29
『原子力発電所という機械』
〜伊方原子力発電所を再稼働させてはならない〜


講師:小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)
日時:2014年5月24日(土)13:30〜16:00
場所:松前総合文化センター(エミフルMASAKI南西側)
     松前町大字筒井633番地
資料代:800円
 *混雑が予想されます。整理券の購入をお願いいたします。

 
 福島原発事故から3年経ちました。国も東電も、未だに放射能を封じ込めることは出来ず、私たちの生命、そして明日に続く生命を脅かし続けています。
この何の手立ても出来ずに、放射能を撒き散らしている状況のなかで、四国電力は、伊方原発の再稼働をしようとしています。
 伊方原発を再稼働させてはいけない理由を、小出氏に、2時間みっちりと語って頂きます。未来へ続く道の大きな分岐点で、私たちは、どんな未来を創造するのか、一人でも多くの皆様と一緒に考えていく時間にしたいと思っております。
   









主催:愛媛県有機農産生活協同組合 松山市東方町甲2289
問い合わせはこちらまで:089−963−1002 (担当 高須賀)
整理券の購入等については、上記の愛媛有機農産生協にご連絡ください

 
 ■伊方沖に横たわる中央構造線
 ■地すべり多発地帯
 ■伊方原発の老朽化
 ■プルサーマル運転に使用のMOX燃料の危険
 ■魚の大量死


 伊方は、国内で初めて、国を相手取り原発設置許可取り消しの裁判を行った。1号炉は16年間、2号炉は22年間、争ったが、いずれも『国策』に取り込まれた司法により敗訴。しかし原発沖の活断層の存在を国側証人は認めた。裁判の中で争った全ての事象は、福島原発災害で再現された。決して想定外とは言わせない。正に人災である。
   






 




 

*私のおすすめ供給品*

  • 2014.01.19 Sunday
  • 10:45

今週のニュースから転載

私のおすすめ供給品   教宣委員 野中玲子*

日々の99%の食材をゆうき生協に頼っている私としては、

なくてはならない供給品は星の数ほどあります。

そのなかで苦しみながら、断腸の思いで選び抜いた2品を紹介します。



田中屋 焼肉のたれ「みそ味」 585円 OCR(オレンジ)312



少しピリ辛ですので、小さいお子さんは少し注意が必要ですが、

とにかく、何を炒めても、これで和えたら、立派な一品の出来上がりです。

以前、「ゆうき生協掲示板」でも、ハヤトウリのコレ炒めをご紹介しました。

冬の場合は、白菜、キャベツ、ネギ、春菊など、なんでもOK!

がつがつとごはんが進みます。

あ・・・「焼肉のたれ」としての利用はしていませんね・・・。

この冬のヒットは、ヤーコンのコレ炒めです。

短冊切りしたヤーコンをさっと炒めて、コレで和えるだけ!

(下記ベーコンを少し入れたら“おごちそう”に♡)

高校生の息子にも好評な味で、お弁当に大活躍しています。





そしてこれ!

TONTON ベーコンブロック
  OCR(オレンジ)349

“U”の字に真空パックされて届きます。↓こんな感じ。




これをぐっと伸ばして、大小2種類くらいの大きさで6〜7個に切り分け、

ポリ袋に入れて冷凍し、必要に応じて使います。

コンソメスープ、ホワイトシチュー、各種炒め物の際に使うのですが、

やはりベーコンは味の出方が違います。

たくさん入っていなくても満足できるので、

とってもお得に倹約できる超!有能選手。

洋食だけでなく、和の味付けでも。

我が家では、

レンコンといっしょに炒めてしょうゆとみりんで軽く味をつけたものが好評です。


どちらも、今週(21日〜24日)のOCRで注文できます。

ぜひ、お試しください♡

ハヤトウリ

  • 2013.11.21 Thursday
  • 21:11
 突然寒くなり、体調を崩している人も多いようです。

子どもたちにせがまれて、我が家もとうとう炬燵を出しました。



さて、ここ最近、私がはまっていたのは、

“ハヤトウリ”!!


これです。




野菜セットにも入ることが多かったと思います。


昨年までは、

どうやって食べようかと思っていろいろと試してましたが、

今年、とうとう、「これ!!」というのに出会いました。

みなさんにもご紹介を♪と思いつつ日々は過ぎ・・・

と思ったら、なんと、単品注文は今週が最終とのこと(涙)

注文していなかったので、あわてて追加のお願いの電話を入れました。


レシピというほどのものでもないですが、

ご紹介します。

間に合う方はぜひ、間に合わない方は来年!

試してみてくださいね。



まず、ハヤトウリを千切りにします。

種はなんとなく取り除きますが、皮はついたままでOK。

千切りはなるべく細い方がいいです。

油で炒めます。

しんなりして、水分が出てきたら、

田中屋の焼肉のたれ(味噌味)をからめます。

以上!!

ちょっとボリューミーにしたいときには、

下郷地鶏フランクをこれまた千切りにして加えてました。


「青パパイヤ」の料理って食べたことありますか?

沖縄料理やタイ料理で食べられているものです。

まさしく、“青パパイヤ”の食感なのです。

それに少しピリ辛の田中屋焼肉のたれ味噌味が加わることで、

オリエンタルなおいしさになります。

それでいてさっぱりシャキシャキしてるので、

なんぼでもいただけます♪

ごはんに合うし、もちろん、ビールにも合います♪

息子のお弁当のおかずにも好評でした。


が、もう季節が終わり・・・。

ずぼらな報告をお許しください。


教宣委員  野中玲子

和田丸収穫祭大盛況でした。

  • 2013.11.10 Sunday
  • 20:21
昨日は沢山の組合員さんが毎年楽しみにしている川内・和田丸有機グループの収穫祭。
大勢の参加者で賑わいました。
和田丸有機グループはゆうき生協のセット野菜を生産してくれています。

今年はお餅つきからスタート。
子供達も一緒にぺったんぺったん。ぺたん。ぽたん。(笑)と杵を臼につきます。

和田丸のお母さん達の魔法のような手であんこ入りのお餅に。
つきたてお餅を皆でほおばりました。
おいしいこと。美味しい事!!!

その後、人参や牛蒡畑、蓮根畑、里芋やキャベツ畑と各生産者の畑に見学&収穫に向かいます。子供達はふかふかの畑を走り回り、収穫を楽しみました。“間引く“の意味を少しは理解したかな?牛蒡畑では初めてみる収穫の様子にお母さん達からも感嘆の声があがりました。
5r

集荷場に戻ってからは和田丸の農産物を使った芋炊きや天ぷら新米ご飯をほおばり、
お腹一杯になったら生産者からの農産物の景品付きクイズを参加者みんなで楽しみしました。昨年のクイズよりも、難しかったです。。




生産者と組合員の皆さんが顔を合わせ、互いの声を聞き、自分達の食卓にのぼる食べ物の育つ現場を見る。ほんの少しでも経験する。
お百姓さんの仕事の尊さに想いをはせる。

その気持ちを持って台所に立ち、そこから生まれる食卓がゆうき生協の大切にしてきたことではないのかなと思っています。


とても良い時間が流れた一日でした。
和田丸の生産者の皆さん、ご参加いただいた皆様、本当に有り難うございました。



農畜産委員会委員長 大塚




「野菜セットは小さな八百屋さん」

  • 2013.05.10 Friday
  • 20:43

この4月から長男が高校生になり、毎日のお弁当作りが始まりました。

となると、今まで通りのペースでは足りなくなったのが、まずお米。

1ヶ月半ごとに10kgの予約米が届きますが、

これではどうにもこうにも追いつかなくなりました。

お米がどんどん減っていくのは、ほんとうに幸せで、

担当職員さんに追加のお願いをすることにも喜びを感じます。

それから、

野菜セット(小)でも足りなくなりました。

野菜セット(大)をとって、これから暖かくなっていくと、

最初のひと手間が1週間の食を左右します!

ちょうどいい原稿を、少し前に、ニュースに掲載しましたので、

こちらでもご紹介します♪


教宣委員長 野中玲子

***

松山地区運営委員会・教宣委員会より

 

『野菜セットは小さな八百屋さん』

 

松山地区 おいでんか湯の町

 

供給歴20年以上の取るだけベテラン?の組合員です。

以前は野菜セットを利用していましたが現在は退職した夫の野菜作りを活用、足りないものだけ単品購入、というスタイルです。

セットを取り始めた頃は、軟弱野菜を腐らせたり、根菜類の保存方法を間違えて廃棄したり、同じ野菜がたくさん入っていた時は献立に悩んだり・・・。それまで、料理本に出ているような献立てばかり追いかける食事作りで、植物としての生命、旬があることなど人間も野菜も自然に生かされていることを見てこなかったのです。

さまざまな失敗と、生産者のお手紙や配送ニュースの料理を参考にしてるうちに気が付くと、セットを見ながら献立を考える、と云う発想の転換が身についていました。皆さんも工夫されていると思われますが以下使い切りを乗り切った方法を記してみます。

 

○配送日に根を落とす、下洗い、新聞紙で包むなどの処理をする。この作業で野菜の種類が頭に入り、献立が考え易い。5分のひと手間処理が調理時には10分以上の時短になる。

○シンクや調理台の狭い我が家のキッチン。床に1日分の新聞紙を広げそこで下処理や野菜を包むと手早くできる。       

○傷みの早い野菜を先に使う。

○最初は素材の美味しさと形を味わうシンプルなおかずを作る。

○旬の野菜が続きメニューの底が尽きたら今度は見た目に変化をつけた1品で献立に変化をつける。現在はネットですぐ検索できるのでメニューが広がる。

○週1配送を利用して冷蔵庫も週1整理を心がける。

配送前日は残り食材を献立てに。配送日は広くなった庫内にさっと収納。(使い切る工夫で出費が減り、結果、有機の野菜は高くなくなる。)

○大きな野菜と別に使い残し野菜だけを容器に入れて取り出し易く使い易くする。(我が家の味噌汁は野菜たくさん)

○パーフェクトを目指すと挫折するので80%を良しとする。

その季節にしかない栄養全開の美味しさを味わい、冬にきゅうりやトマトを食べたいと思いません。夕方、冷蔵庫の野菜庫に手を伸ばせばそこは小さな八百屋さん、旬の品揃えをして開店中。夕方までの外出の日も慌てることなく取り掛かれます。

New!ご案内パンフです

  • 2012.12.20 Thursday
  • 21:21
 ゆうき生協のパンフレットが刷新しました。
もうご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。

今回、イラストレーター:八木メイさんにお願いして、
何度も何度も推敲を重ね、いいモノができました。
“ゆうき”の良さがぎゅうっと詰まったパンフです。

お友だちに渡したり、
お店や会社などで置いていただけるようでしたら、
ゆうき生協事務局(089-963-1002 or yuuki@crest.ocn.ne.jp)へ
ご連絡ください。

サイズは、B4の三つ折りです。
コンパクトになりました♪

***

教宣委員会 野中玲子




八坂台所固形石けん

  • 2012.11.20 Tuesday
  • 20:00
【ニュースに載せた記事の再掲載です】

日常の“しあわせ”に気付かせてくれる
「八坂台所用固形石けん」!

ゆうき生協で扱っている“石けん”はどれもほんとの“石けん”。
台所用、洗濯用、シャンプー・リンス、歯磨き粉に至るまで、
使い道やお好みに合わせて、どれを選んでもちゃんと“石けん”!!
ありがたいなぁといつも思います。
今回は、「八坂台所用固形石けん」をご紹介。





「台所用石けんって、どうも使い勝手が良くない!」
と、思い込んでいる方!
この石けんを試したことがありますか?

当たり前のようにずーっと使い続けていた我が家ですが、
「そうか!この石けんって、やっぱりそんなにすごいんだ!」と、
小さな幸せを再確認する出来事がありました。
この夏、関東からの保養母子さんたちの受け入れに携わったのですが、
滞在していただく各部屋に、
この台所石けんと「パックスキッチンスポンジ」をセットで置いておきました。
数日後、あるお母さんから言われました。
「あの台所の石けんは何ですか?ビックリしました!
今まで、いろんな台所用石けんを試してきたけれど、どれもイマイチだったんです。
やっと“これ”っていうのに出会えました!」と。
(値段を伝えると、またビックリされていました)

石けんでよかったなぁ

今、中学3年の息子が2歳の頃、食器洗いを手伝いたがった時期がありました。
「いやいや、逆に仕事が増えるがな!」とゾッとしましたが、
あまりのやる気満々さに根負けし、石けん洗いしたものをすすぐ役目を彼に与えました。
案の定、流しきれずにところどころ石けんが残ったまま。
それを私が洗い直すと、烈火のごとく怒りだす息子。気持ちはわかります。
仕方ないので、そのまま泡が消えるに任せ、乾いたらそのまま使うという状態でした。
もともとズボラな私だったからそれで済んだのかもしれませんが、
その時にも、
「石けんだからできることよねぇ。これが合成洗剤だったら、
 洗い残しがあるままは使えんかったなぁ。
 あー、考えただけでめんどくさっ!石けんでよかった!」
と思ってました。

黄金トリオ

そんな「八坂台所用固形石けん」も、袋から出してそのままでは、
ちょっと不都合が起こります。
容器にぴっちり充填されているため、濡れたスポンジで使っていると、
すぐに周りがびちょびちょになります。

そこで我が家では、
石けんより一回り大きく深い容器(市販、我が家はホーロー)にぽこん!と移し替えます。
そうすると、石けんが水分を含んできていい感じにジェル状になり、
益々使いやすくなる!というおまけ付き。

それに、やっぱり、「八坂台所用固形石けん」には「パックスキッチンスポンジ」が相性抜群♪
一見、柔らかくて頼りなげなのですが、なんのなんの!ずいぶん持ちます。



この黄金のトリオ、無敵です。      

OCR(ピンク)NO.283 「台所用固形」195円
OCR(ピンク)NO.282 「キッチンスポンジ」145円

***

教宣委員会 野中玲子

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM